うどん・ほうとう 皆吉

ほうとうの由来

中国の唐宋時代の餺飥(はくたく) 又は、不托(ほうち、ぷーとー)、不餅(ぷーとう)と言う言葉語源と言われている。
日本には平安時代遣唐使により伝えられ、清少納言の枕草子に「前の立木高ふっ熟瓜(ほぞち)はうたう参らせむなど、とどむるを・・・」と読まれている。
山梨には、戦国時代幼少時代から中国の古代思想に憧れ孔子、孟子に学び、孫子呉子の兵法を身に付けて戦いに望んでいた。
武田信玄が出入りの高僧より教えられ、広く普及したのは江戸時代中期元禄文化の時、柳沢吉保が故郷甲斐国の大名となり、その前後将軍綱吉の好みにより上方中心の文化から江戸中心の文化に変わった頃と言われている。

自家製味噌

北海道、秋田産の非遺伝子組み換えの大豆を使用。
昔ながらの麦麹をふんだんに使い約2年熟成させ、香り高いコクのある味噌に仕上げました。

  • 水に浸して豆をふやかします。

    1.水に浸して豆をふやかします。

  • 大豆を煮ます。

    2.大豆を煮ます。

  • 煮た大豆をざるにあげます。

    3.煮た大豆をざるにあげます。

  • 麹と塩を混ぜます。

    4.麹と塩を混ぜます。

  • 大豆をひきます。

    5.大豆をひきます。

  • 麹と大豆を混ぜ合わせます。

    6.麹と大豆を混ぜ合わせます。

  • 出来上がりです。

    7.出来上がりです。

自家製だし

だしは北海道産利尻昆布をはじめ、さば、いわし、あごだしなどを使用し、化学調味料を一切使わず、毎朝とっています。

うどん・ほうとう 皆吉
そのうどんは腰が強くてしなやかである。